前回までに、Route 53上にドメインのDNSレコードが作成され、Route 53 でDNSリクエストを受信できようになったので、今回のメインイベントとなるドメイン移管方法についてお伝えしていきます。

移管元レジストラでのドメイントランスファー処理(認証コードの取得)

まず、ドメイン移管の第一段階として一般的には、移管元レジストラにて、ドメインのロックを解除したり、ドメインの移管のための認証コードの取得を行います。
しかしながら、jpドメインをRoute 53に移管する場合には、認証コードが不要となりますので、ここでは割愛しますが、具体的な方法については、ご利用中のレジストラにて提供されている手順をご確認ください。

Route 53 でのドメイン移管のリクエスト

Route 53 コンソールより「Registerd domains」から「Transfer Domains」ボタンをクリック。
該当のドメイン名(トップレベルドメイン(TLD)名を除く、今回は.jpを除く)を入力後、TLDとして、プルダウンメニューよりjpを選択し「Check」ボタンをクリック。(jpドメインの場合、$90 が請求されます。)
移管可能な場合、「Adds to Cart」ボタンがアクティブになるので、クリック。
「Shopping cart」に追加することでアクティブになった「Continue」ボタンをクリック。
Authorization code(認証コード)とネームサーバーのオプション設定を選定する画面(「Authorization code and name servers」)が表示されるので、適切な内容を設定します。jpドメインの場合、認証コードが不要とRoute 53 側で自動判定しているので、認証コードに関しては特に表示がありません。
今回は、Route 53 に既に登録されているホストゾーンからネームサーバー情報をインポートするので、「Import name servers from a Route 53 hosted zone that has the same name as the domain」オプションを選択し、「Continue」ボタンをクリック。
Contact infomationの入力を求められるので、適切な情報を入力後、「Continue」ボタンをクリック。
 入力情報確認画面が表示されるので、表示内容を確認後、「Terms and Condition」のチェックボックスをチェックすることで、アクティブになった「Complete Purchase」ボタンをクリック。
 下記の画面(「You still need to authorize the transfer」)が表示され、Contact infomation として登録したメールアドレスに承認確認メール(1通または3通)が届くのを待ちます。
今回は、3通メールが届きました。タイトルとしては
1通目: Transfer confirmation for the domain EQ-INC.JP
2通目&3通目: Transfer confirmation for the domain
まずは、1通目について、メール上のURLをクリックしてみます。
すると、Confirmation ページが表示されるので、「Validate」ボタンをクリック。
 承認された旨("The transfer request has been approved.")、表示されました。
この状態で、ドメインの状態を確認してみます。
Route 53 のダッシュボード上では、Alertsとして "Domain transfer in progress"と表示されています。
 また、Route 53のPending requestsからも同様な確認ができます。
ドメインがPending状態となっているので、届いている他の2通についても承認用URLをクリックします。これらのメールは1通目と違って日本語と英語が両方書かれています。
なお、2通目と3通目の違いは、トリガーコードが違うだけですので、それぞれ実施します。手続きとしては、2通目と3通目は全く同じになりますので、2通目を実施した際の手順を以下に示します。
まず、受信したメールのURLをクリック。
表示されて「ドメイン名移管に関する同意手続き」ページで「承認」ボタンをクリック。
「手続き完了のお知らせ」が表示されます。
これで、Route 53からのドメイン移管のリクエスト処理が完了し、レジストラ間での移管処理が行われます。移管元レジストラより移管が承認されるまで待機します。

移管元レジストラより移管承認されるまでの待機

しばらくすると、現在利用中のレジストラからドメイン移管の承認確認のメールが届きました。今回のケースでは、1時間程で、メールがきました。この例では、手続き用URLをクリック。

ドメイン移管の承認確認ページが 表示されるので、ページの内容に従い、処理を進めていきます。このケースでは「承認」ボタンをクリック。
「決定」ボタンをクリック。 
「他社へのドメイン移管 承認フォーム・完了」ページが表示されたので、ドメイン移管の承認が完了しました。
この状態で、Route 53のダッシュボードを確認すると、Alerts 表示が "Domain transfer successfull"に変わっています。
また、Pending requests 上の表示が消えています。
以上で、Route 53 上でもドメイン移管が正常に完了したことが分かります。

最後に

Route 53自体の画面表示は日本語版がまだリリースされておらず、英語表示のままですが、簡易な表現ですので、特に問題なく操作できるかと思います。
また、CLI上を使って情報を参照したりできるのは魅力的です。手順上は、ゾーンファイルをインポートしてリソースレコードを作成したものを目視確認するような手順となっていますが、実際には、45件以上のものを目視確認するのは現実的ではないので、CLIを実行した結果とゾーンファイルとを突合するようなことをしていました。
ドメイン移管という普段あまり使わないケースの説明でしたので、次回実施する際の覚書として残していますが、少しでもお役に立てたら幸いです。






コメントの投稿