デバイスへ掛かっている回転角速度をドライバから取得できます。
デバイスが3Dなので3値取得できます。
単位は通常、dps(degree per second: 1秒当たりの回転角度)のようです。

回転の際の軸は以下の図のXYZ軸(図Axis)となります。
図Axis

値1:
図AxisのX軸を回転軸とし、それを地面と垂直にした状態で回転させた際の回転角速度が設定されます。
下図の状態でX軸を中心として、右回りの回転時にプラス、左回りの回転時にマイナスの値となります。

値2:
図AxisのY軸を回転軸とし、それを地面と垂直にした状態で回転させた際の回転角速度が設定されます。
下図の状態でY軸を中心として、右回りの回転時にプラス、左回りの回転時にマイナスの値となります。

値3:
図AxisのZ軸を回転軸とし、それを地面と垂直にした状態で回転させた際の回転角速度が設定されます。
下図の状態(地面にそのまま設置した状態)でZ軸を中心として、左回りの回転時にプラス、右回りの回転時にマイナスの値となります。


コメントの投稿